MMT現代貨幣理論入門

MMT現代貨幣理論入門を読み始めました。

日本の国債は、円建てで発行してて、それらが日本国内で買われ、日本の民間の金融資産になっており、日本が国債の発行で破綻することはないという理論です。緊縮財政、プライマリーバランス優先なんて、もってのほか、日本の民間の金融資産が減ってしまうということです。

読み始めましたが、とても面白いです。お勧めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください